インターフェイス

  • 発信したいものをどう表現した方がいいか。
    視覚で訴求するデザインは、一瞬で訪れた人にアプローチすることできる方法です。

    画像、色、動き、配置などは瞬間に情報が入ってきます。
    いくら「素晴らしい内容」であっても、ユーザーが訪問してから5秒以上もたって、
    「ここに探しているものがある」と思わせないと、離れていってしまいます。
    惹きつけてるためにも、ターゲットが興味を引くデザイン性は重要です。

    またWebデザインには、情報が読み取れる見やすさ、操作しやすい使いやすさといった機能面が欠かせません。
    見た目でキャッチして、しっかり伝えたいことが伝わりやすい表現方法を提案しています。
    Webと連動してパンフレット、カタログ、チラシ、名刺などグラフィックの制作も行っています。

インターネット広告代理店|MORE

webの広告、プロモーションでお困りのことがあればご気軽にご相談ください。